環境問題を考えていくとエンタメになる/FF7をつきつめていくと、SDGsに?? エンタメ業界✖SDGsの未来 第1回 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)
EnergyShift(エナジーシフト)

環境問題を考えていくとエンタメになる/FF7をつきつめていくと、SDGsに?? エンタメ業界✖SDGsの未来 第1回

環境問題を考えていくとエンタメになる/FF7をつきつめていくと、SDGsに?? エンタメ業界✖SDGsの未来 第1回

2021年10月08日

地球上の誰かがふと思った 『人類の数が半分になったら いくつの森が焼かれずにすむだろうか……』 地球上の誰かがふと思った 『人間の数が100分の1になったら たれ流される毒も100分の1になるだろうか……』 誰かが ふと思った 『生物(みんな)の未来を守らねば……………』と始まるのが名作コミックの「寄生獣」だ。

で、エナシフは思った。『脱炭素やSDGsがよくわかんない? ならわかるようによりエンタメよりに連載してやろう』・・・ということで、満を持して、エンタメマーケティングの雄である角川アスキー総研、上床氏、連載開始なのです。

エンタメ業界✖SDGsの未来

明るい未来

エンターテインメントと環境問題、この一見何の関連も無そうなお題に対して「原稿を書いてくれないか?」という依頼を受けて日夜悩んだ挙句、今この書き出しを書いている。

個人的に環境問題に対しては大きな関心を持っているし、この20年余り『ファミ通ゲーム白書』の編集長をはじめ、ゲームやエンタメ業界のマーケティングに従事してきた。率いてきたチームはゲーム業界の市場規模の算出をはじめ、海外からも日本のゲームマーケットのスタンダードと認められた業界屈指のチームである。ある意味適任であるといえ、この両者を結びつけつつ有益な刺激や情報を提供できるのだろうかと、困難な課題を前にそのハードルの高さを感じている。

そもそも、なぜ個人的に環境問題に対しては大きな関心を持っているのかと問われれば、その理由は自分に子供がいることが大きい。自分がいなくなった後の世界が、子供たちにとって生存不能の世界になることを望む親はいないはずだ。子供や、またその子供というイメージが育むのは〝明るい未来〟である。

しかるに環境問題は個人的にも大きな問題なのである。いや、世の親の大多数にとって大きな問題なのであるはずだ。もちろん親という立場でなくとも、後に続く子孫、地球上の生物、地球環境全般に関して責任感も持つ人々も多数いるだろうし、その思いは共通であろうことは想像に難く無い。

要するに、自分の存命後まで〝明るい未来〟をイメージし、その存続を願うことが〝環境問題〟そのものなのだと、今は感じている。

SDGs(持続可能な開発目標)とは何か

〝明るい未来〟の存続を考える時、まず出てくるのは、SDGsという言葉である。SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略であり、2015年9月の国連サミットで採択。「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された国連加盟193ヶ国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標であり、17のゴール、169のターゲットから構成されている。この図表はエナシフの読者さんならおなじみだろうが、

上記パネルの17のゴールを見ても、ふーんとしか思えない人、つまり努力目標を掲げてもどこか人ごとのように感じてしまう方。そんな人には、たとえばSDGsが達成されない〝絶望的な真っ暗な未来〟をイメージしてもらいたい。だが、そのイメージもまったくできないって人のために、ダークSDGsとして、以下のような未来を定義してみた。

1:貧困、2:飢餓、3:すべての人に健康は保証されない、4:教育機会の無い世界、5:ジェンダーの差別が続く世界、6:世界中の有害な水とトイレの放置、7:地球を破壊し公害発生を前提としたエネルギー創出、8:働きがいもなく更に経済破綻頻発の世界、9:技術革新が行われない世の中、10:不平等な人や国のあり方、11:住み続けられない街、12:責任不在の生産活動と責任のない消費、13:気候変動に翻弄される生活、14:生命が朽ち果て汚れきった海、15:生命が朽ち果て汚れきった陸、16:すべての人にとって平和と公正の皆無な世界、17:共通の目標なんて共有できないいがみ合いだらけ世界

SDGsを意識しないと、未来はダークな世界になってしまう・・・次ページへ

上床光信
上床光信

ファミ通ゲーム白書 編集長 株式会社角川アスキー総合研究所 20年以上に渡りゲーム業界のマーケティングに従事し、『ファミ通ゲーム白書』では創刊時から編集長を務める。近年のeスポーツ市場動向や隣接するエンターテイメント業界にも精通したマーケットアナリストして活躍中。

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事

気候変動の最新記事