すまーとしてぃ :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

すまーとしてぃ :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

すまーとしてぃ :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

こんにちは。日本一わかりやすく、脱炭素関連用語を紹介しています。しりとりで一日ひとつずつ、紹介しています。

昨日は「のっくす」(NOx)でした。今日は、「す」です。では、さっそくいきましょう。

すまーとしてぃ

スマートシティ。英語で書くと「Smart City」。スマートな街。スマートって言うのは、「賢い」という意味なので、賢い街、です。

なにが賢いのか? いろいろと、賢い、としかいいようがないのですね。実は、このことばの厳密な定義はまだありません。

まだこの世にないものだから、といっていいでしょう。「うちはスマートシティだ!ババーン!」というところはまだありません。

実証実験は進んでいます。また、スマートシティ構想、というのもあり、それに向かって進もうという目標としてはあります。

では、最初に戻って、なにがスマートなのか。たとえば、電気をはじめとするエネルギー。これを、今までのざっくりとしたやりとりではなく、細かく「どれくらいいるか(需要)」「どれくらいつくって、送ることができるか(供給)」を合わせることができ、無駄をなくすことができる、というものです。

無駄が少なくなると、よけいなものがいらなくなる。よけいなものが少なくなると、たとえば今までのように大量に一ヶ所で電気をつくる必要もなくなる。いる分だけ、しかも、少しずつ(分散して)つくることもできる。

そうしたことから、脱炭素にもピッタリなのがこのスマートシティです。

有名どころでは、トヨタのウーブンシティ(Woven City)もスマートシティのプロジェクトです。あちらは乗り物(クルマ)のスマートさも追求したものになるとのこと。楽しみです。

スマートシティができたとして、きっと一番無駄な動きをするのはヒトなんでしょうね。昔の海外ドラマで「それゆけスマート」っていうスパイのパロディものがありましたが、まったくスマートでないところが面白かったです。

明日は「てぃ」ですね。明日も続きます。よい一日でありますように。

 

これまでのしりとり

しりとり

りにゅーあぶるえなじー

じぞくかのうせい

いーろんますく

くらいめいと

とくべつこうあつ

つんどら

らるでれろ

ろはす

すいそ

そーらーしぇありんぐ

ぐりーんにゅーでぃーる

るりかけす

すまーとめーたー

たいようでんち

ちちゅうねつりよう

うみ

みどりむし

しーでぃーぴー

ぴーぴーえー

えねき

きたほんれんけい

いーえすじー

じーえいちじー

じおぱーく

くうきでんち

ちさんちしょう

うぃんどふぁーむ

むうるがい

いぶき

きこうしなりお

おおあめ

めたんがす

すてらまっかーとにー

にほんおろしでんりょくとりひきしょ

しょうえね

ねっとぜろ

ろかぼ

ぼるけーの

のっくす

すまーとしてぃ

脱炭素関連用語しりとり
脱炭素関連用語しりとり

カーボンニュートラル、脱炭素関連の用語を、日本一わかりやすく、しかもしりとりで、毎日紹介していきます。

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


脱炭素用語集の最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録