じゃくでんき :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

じゃくでんき :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

じゃくでんき :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

こんにちは。ゆっくり休みがとれている方も、いつもと変わらずお仕事されている方も、こんにちは。そんな日でも、脱炭素、カーボンニュートラルは進んでいきます。脱炭素用語をひとつひとつ、わかりやすく紹介しています。しりとりで。

昨日は「でぃすくろーじゃー(Disclosure)」だったので、今日は「じゃ」ではじまることばです。さっそくいってみましょう。

じゃくでんき

電気用語です。電器といったらいいか。漢字で書くと、弱電気、機械を指すときは弱電器。弱い電気、で大体あっています。

反対に、強い電気もあります。強電気。

これらは使われるシーンによって少しずつ定義は変わるのですが、動力源になるような大きな電気を強電、電気信号を伝えるような小さな電気を弱電、というわけ方になります。

電気信号とは、たとえば発信音、たとえばスイッチのオンオフなどです。

なぜわけるのかというと、たとえば電気工事の時に、ケーブル(電線)とか絶縁の方法とか、全部が全部同じにする必要はないですよね。

弱電は弱い電気で十分事足りるときに使われるので、絶縁もそれなりのやり方になります。強い電気を送るときは、太くしっかりしたケーブルが必要です。

適材適所、ということでしょうか。

家の電気をつける壁のスイッチにぶっといケーブルがあるといろいろおかしなことになりますから、わけているというだけ、といえばそれだけのことなのですが。それだけ、のことが実はけっこう大事だったりするんですね、とくに現場では。

電気に関することばのひとつとして、ご紹介しておきました。

電気にも強い弱いがあるなんて、少し面白い。ピカチュウはまちがいなく強電ですね。

明日は「き」です。「き」でお会いしましょう。

これまでのしりとり

しりとり

りにゅーあぶるえなじー

じぞくかのうせい

いーろんますく

くらいめいと

とくべつこうあつ

つんどら

らるでれろ

ろはす

すいそ

そーらーしぇありんぐ

ぐりーんにゅーでぃーる

るりかけす

すまーとめーたー

たいようでんち

ちちゅうねつりよう

うみ

みどりむし

しーでぃーぴー

ぴーぴーえー

えねき

きたほんれんけい

いーえすじー

じーえいちじー

じおぱーく

くうきでんち

ちさんちしょう

うぃんどふぁーむ

むうるがい

いぶき

きこうしなりお

おおあめ

めたんがす

すてらまっかーとにー

にほんおろしでんりょくとりひきしょ

しょうえね

ねっとぜろ

ろかぼ

ぼるけーの

のっくす

すまーとしてぃ

てぃーしーえふでぃー

でぃすくろーじゃー

じゃくでんき

脱炭素関連用語しりとり
脱炭素関連用語しりとり

カーボンニュートラル、脱炭素関連の用語を、日本一わかりやすく、しかもしりとりで、毎日紹介していきます。

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


脱炭素用語集の最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録