きどるいげんそ :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

きどるいげんそ :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

きどるいげんそ :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

こんにちは。脱炭素やカーボンニュートラルの用語をわかりやすく、しりとり形式でひとつずつ毎日紹介しています。

昨日は「じゃくでんき」でした。今日は「き」です。3回目の「き」。ではさっそく。

きどるいげんそ

漢字で書くと希土類元素。英語で書くとRare Earth Elements。ほかにも「レアメタル」ということばもあります。

レアメタルは、金属の種類のうち、地球にある量がそもそも少ないか、技術的、もしくは経済的な理由でつくり出すことが難しく、産業に必要だけどいつも簡単に手に入らないものをいいます。

その中のうち、さらになかなかつくることが難しい17の元素を「希土類元素レアアース」というのですね。

これがなぜ脱炭素用語なのか。たとえば、希土類元素のネオジムというのがあるのですが、これがあれば、非常に強力な磁石をつくることができます。でも、なかなかつくり出すことができません。

つくり出すことができないというのは、たとえば、特定の国でしかとれない(偏在)、取り出すのにすごく高価(コスト)、採掘できる国との政治的な駆け引きがある(外交)などの理由があります。採掘できる国と使う国との経済格差なども非常に大きな問題です。

ネオジムのつくるネオジム磁石というのは、EVのモーターなどに最適なのです。ほかにも、少ない電力量で機能を発揮することができる元素がレアアースには多くあります。

でも、なかなか手に入らない。では、どうするか。

レアアースを少なくても同じ機能がでる方法を研究する、もしくは、別の元素で同じことができるかどうかを研究する。そして、リサイクルする、だいたいこの3つの方法があり、それぞれで研究が盛んです。

これから脱炭素社会になるほど、こうした「少ない電力量で大きな機能をつくり出せる」元素がますます重要になってくることでしょう。

明日から少し長いお休みの方も、いつも通りのお仕事の方も、どうか、よい週末をお過ごしください。

明日も更新します。明日は「そ」です。では、また。

 

これまでのしりとり

しりとり

りにゅーあぶるえなじー

じぞくかのうせい

いーろんますく

くらいめいと

とくべつこうあつ

つんどら

らるでれろ

ろはす

すいそ

そーらーしぇありんぐ

ぐりーんにゅーでぃーる

るりかけす

すまーとめーたー

たいようでんち

ちちゅうねつりよう

うみ

みどりむし

しーでぃーぴー

ぴーぴーえー

えねき

きたほんれんけい

いーえすじー

じーえいちじー

じおぱーく

くうきでんち

ちさんちしょう

うぃんどふぁーむ

むうるがい

いぶき

きこうしなりお

おおあめ

めたんがす

すてらまっかーとにー

にほんおろしでんりょくとりひきしょ

しょうえね

ねっとぜろ

ろかぼ

ぼるけーの

のっくす

すまーとしてぃ

てぃーしーえふでぃー

でぃすくろーじゃー

じゃくでんき

きどるいげんそ

脱炭素関連用語しりとり
脱炭素関連用語しりとり

カーボンニュートラル、脱炭素関連の用語を、日本一わかりやすく、しかもしりとりで、毎日紹介していきます。

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


脱炭素用語集の最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録