みずでんかい(水電解):毎日連載!日本一わかりやすい脱炭素用語解説しりとり 第127語 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)

みずでんかい(水電解):毎日連載!日本一わかりやすい脱炭素用語解説しりとり 第127語

みずでんかい(水電解):毎日連載!日本一わかりやすい脱炭素用語解説しりとり 第127語

こんにちは。毎日ひとつずつ脱炭素関連用語を紹介しています。青い空、白い雲。夏ですね。暑いです。

しりとりで用語解説をしています。昨日は「クマノミ」でしたので、今日は「み」。

みずでんかい(水電解)

水電解ってご存知ですか。ちょっと略されていまして、ほぐすと「水の電気分解」になります。

水は、みなさんご承知の通り、H2Oです。水素がふたつと酸素がひとつ。ここに、電気を通すことで、HとOが別れます。電池のプラスとマイナスにケーブルを着け、水(電気が通りやすく電解質をいれたりします)につけると、水から気体が出てきます。

Hは陰極(マイナス極)へ、Oは正極(プラス極)へと別れるのですね。中学校くらいの実験でやった方も多いかもしれません。

これが、水の電気分解です。電気によって水を分解した、ということなので、まあその通りといえばその通りです。

この中学校の理科の実験でやる水電解が、いま、脱炭素業界で非常に重要視されているのですッ!

それは、水素を社会的に利用しようという、いわゆる水素社会に大きな意味を持つからなのです。

水素を本格的に社会のいろいろなところに使おうとすれば、膨大な量が必要です。水素はそのままでは自然界に存在しませんから、水素をなんらかの方法でつくり出さなければなりません。

水素の製造法はいくつかあります。たとえば化石燃料やガスに手を加えて水素をとり出す方法もあります。しかし、基本的に二酸化炭素を出してしまいます。これは、グレー水素とかいわれているものです。安く大量に作るのであれば、グレー水素が今のところ有利です。

ですが、ちょっと待ってください。あれ? なんのために水素にするんだっけ?

二酸化炭素を減らすため、ですよね。

であれば、グレー水素は意味ないんじゃない? わかった。じゃあ、グレー水素の二酸化炭素を回収してどっかにため込めればいいんじゃない? (これを、ブルー水素といいます)。 だがしかし、二酸化炭素の回収・貯蔵はまだ商用としての技術が確立しているとは言いにくいです。研究は進んでいるようですが。

であれば、水の電気分解であれば、水素と酸素しかでないから一番いいんじゃない? その電気を化石燃料由来ではなくて、再エネの電気で水電解して水素を作れば一番最強じゃない? はい。そうなのです。最強です。これを、グリーン水素といいます。

グリーン水素製造に欠かせない中学の実験、それが水電解なのです。

現在、水電解による水素製造は、固体高分子(PEM)型水電解というのと、アルカリ型水電解というのが有力で、大型の製造機が世界で作られはじめています。もちろん、まだいろんな課題があり、もう万事解決、とはいえません(再エネがそんなに大量にある、または使えるのかという問題もあります)。

ただ、水素社会を本気で考えるなら、この水電解はその一番大もとの化学反応になるはずです。

ちょっと大げさにいえば、人類のエネルギーが結局太陽と風と水にもどってくる、ともいえるかもしれません。そう考えると、ちょっと面白い。

水がなぜ水素と酸素に分離するのか? は、なぜ水は水素と酸素が結合しているか? と同じくらい謎なのです。今も水の分子構造をずっと研究している人がいるのです。それも面白い話しですが、また別の機会に。

しりとりは続きます。明日は「い」。よい一日をお過ごしください。ではでは。

ひとつまえのしりとり(クマノミ)

 

これまでのしりとり

しりとり

りにゅーあぶるえなじー(リニューアブルエナジー)

じぞくかのうせい(持続可能性)

いーろんますく(イーロン・マスク)

くらいめいと(Climate)

とくべつこうあつ(特別高圧)

つんどら(ツンドラ)

らるでれろ(ラルデレロ)

ろはす(ロハス)

すいそ(水素)

そーらーしぇありんぐ(ソーラーシェアリング)

ぐりーんにゅーでぃーる(グリーン・ニューディール)

るりかけす(ルリカケス)

すまーとめーたー(スマートメーター)

たいようでんち(太陽電池)

ちちゅうねつりよう(地中熱利用)

うみ(海)

みどりむし(ミドリムシ)

しーでぃーぴー(CDP)

ぴーぴーえー(PPA)

えねき(エネルギー基本計画)

きたほんれんけい(北本連系)

いーえすじー(ESG)

じーえいちじー(GHG)

じおぱーく(ジオパーク)

くうきでんち(空気電池)

ちさんちしょう(地産地消)

うぃんどふぁーむ(ウィンドファーム)

むうるがい(ムール貝)

いぶき(いぶき)

きこうしなりお(気候シナリオ)

おおあめ(大雨)

めたんがす(メタンガス)

すてらまっかーとにー(ステラ・マッカートニー)

にほんおろしでんりょくとりひきしょ(日本卸電力取引所)

しょうえね(省エネ)

ねっとぜろ(ネットゼロ)

ろかぼ(ロカボ)

ぼるけーの(ボルケーノ)

のっくす(ノックス)

すまーとしてぃ(スマートシティ)

てぃーしーえふでぃー(TCFD)

でぃすくろーじゃー(ディスクロージャー)

じゃくでんき(弱電気)

きどるいげんそ(希土類元素)

そうでんもう(送電網)

うっどちっぷ(ウッドチップ)

ぷらねたりーばうんだりー(プラネタリーバウンダリー)

りちうむ(リチウム)

むでんちゅうか(無電柱化)

かーぼんふっとぷりんと(カーボンフットプリント)

とくていきぼでんきじぎょうしゃ(特定規模電気事業者)

しゃち(シャチ)

ちちゅうかい(地中海)

いーぴーひゃく(EP100)

くうこう(空港)

うぇっとらんど(ウェットランド)

どうくつ(洞窟)

つゆ(梅雨)

ゆーぶい(UV)

いたりあ(イタリア)

あいぴーしーしー(IPCC )

しろくま(シロクマ)

まいくろぐりっど(マイクログリッド)

どんぐり(ドングリ)

りとう(離島)

うるぐあい(ウルグアイ)

いぬいっと(イヌイット)

とうやこ(洞爺湖)

こじぇね(コジェネ)

ねったいや(熱帯夜)

やねうえ(屋根上)

えすびーてぃー(SBT)

てぃーしーあーるいー(TCRE)

いんたーなしょなる・えなじー・えーじぇんしー(IEA)

しーしーえす(CCS)

すきー(スキー)

きこうへんどうわくぐみじょうやく(気候変動枠組条約)

くーらー(クーラー)

らにーにゃげんしょう(ラニーニャ現象)

うみがめ(ウミガメ)

めんてなんす(メンテナンス)

すこーぷ(スコープ)

ぷらぐいんはいぶりっど(プラグインハイブリッド)

どいつ(ドイツ)

ついったー(Twitter)

たくそう(託送)

うんゆ(運輸)

ゆねっぷ(UNEP)

ぷらちな(プラチナ)

なんきょく(南極)

くも(雲)

も(藻)

もんすーんきこう(モンスーン気候)

うちゅうたいようこうはつでんしすてむ(宇宙太陽光発電システム)

むていでんでんげんそうち(無停電電源装置)

ちり(チリ)

りお・さみっと(リオ・サミット)

とらっく(トラック)

くじら(クジラ)

らいふ・さいくる・あせすめんと(ライフ・サイクル・アセスメント)

とれーさびりてぃ(トレーサビリティ)

てぃーりーふ(ティーリーフ)

ふらいでーずふぉーふゅーちゃー(フライデーズ・フォー・フューチャー)

ちゃいな(チャイナ)

なさ(NASA)

さーきゅらーえこのみー(サーキュラーエコノミー)

みっく・じゃがー(ミック・ジャガー)

がいぶこすと(外部コスト)

となかい(トナカイ)

いぎりす(イギリス)

すまーとぐりっど(スマートグリッド)

どうろ(道路)

ろさんぜるす(ロサンゼルス)

すまほ(スマホ)

ほっかい(北海)

いんど(インド)

どう(銅)

うなぎ(ウナギ)

ぎたー(ギター)

たくそのみー(タクソノミー)

みなみあふりか(南アフリカ)

かみなり(雷)

りさいくる(リサイクル)

るーまにあ(ルーマニア)

あーるいーひゃく(RE100)

くまのみ(クマノミ)

みずでんかい(水電解)

脱炭素関連用語しりとり
脱炭素関連用語しりとり

カーボンニュートラル、脱炭素関連の用語を、日本一わかりやすく、しかもしりとりで、毎日紹介していきます。毎日だいたい11時に公開します。

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


脱炭素用語集の最新記事